スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい秋

10/07
「天高く、私肥ゆる秋~~」

栗の渋皮煮を作りましたっ!

私としては快挙でございますっ!

2年前トライしたときは、圧力鍋を使ったのですが、
それが凶と出てしまい煮崩れ放題。
お味はさすがに圧力鍋ですので、中までしみこんで
おいしかったのですが。

今回は圧力鍋を使わず、地道につくりました。

あ~~~、幸せだわ~~~

写真を撮り忘れましたが、同じ日にシソの実の塩漬けと
醤油漬けも作りました。

作る作業はそれなりに手間暇かかるのですが
好きな音楽を聴きながら「豊かだな~~」と
感じながらの作業、嫌いじゃないです。

美味しそうに出来上がったので、
大好きなナハトマンの器に盛り付けて・・・

栗渋皮煮
スポンサーサイト

モンステラの挿し木

09/30
やった~~~!

今年もモンステラの挿し木に成功です!!

何故こんなに喜んでいるのかと申しますと、
あの直径3~4cmある茎を切ってしまうと
切り口があまりにも大きく、そこから乾燥して
枯れてしまいそうで心配でならないのです。

しかし以外にも簡単についてくれるものです。
すごい生命力です。

親株はこちら。
葉っぱにあまり切れ目が入ってないな~~。

DSCN4395.jpg


根本はこんなです。
去年2か所切ってます。

加えて今年、3か所切りました。

DSCN4396.jpg

去年、挿した子
左右、2本です。

DSCN4397.jpg

右側アップ。
元気に次の葉が出てきてます。

DSCN4398.jpg

左側アップ。
こちらも元気いっぱい!

DSCN4399.jpg


今年挿した子
3本あります。
既に新しい葉が出てきています。

DSCN4401.jpg

株元はこんな感じ。
ねっ? 切り口見ると不安になりますでしょう?

DSCN4403.jpg

こちらも今年挿した子。
右側は挿し木。元気に葉が出てきています。

左側は、葉をお水に差していたら2か月~3か月ほどで
根がでてきたのでそのまま土に植えてみました。
特に変化なしですが、枯れる様子もなしなので
うまくいったものとみてよいと思います。

DSCN4400.jpg

こうやって自分で増やせるのって上級者の
ようであこがれでした。

うれし~~

ちなみに我が家にきたての頃のお写真と第一回目の大手術の
様子は下記のURLで。

お店から我が家に来たころは、株の形もよく、
葉にもきれいに切れ目が入っていたのね~~。
どうやって管理すればあんなふうにスタイリッシュに
そして葉も切れ目がはいるのだr

http://ladygodiva.blog98.fc2.com/blog-entry-363.html

安カワノート見つけました!

09/27
用途決定!

なんでも300円で売っているお店があるのを
ご存知ですか??

そこで可愛いノートを見つけました。

中の紙もかわいいのです。

しか~~し! ノートにメモを取るという
習慣がなくなってきている昨今、このノートを
何に使う?? 
引き出しの肥しと化すのでは??
散々考えましたとも。

でも買いたい! 手に取って何度も眺めて
ようやく用途が決定しました。

レシピノートにします。

レシピは結構メモることがあるのです。

20130919-1.jpg

ほらっ! 中もかわいいでしょ~~~?

DSCN4342.jpg

でもこんなにかわいいノートには、可愛い字で
レシピを書きたいな~~~。

DSCN4343.jpg

オシャレなカフェの手書きのメニューのような
あんな字がこのノートには似合いますよね

DSCN4344.jpg

そんな可愛い文字でメモったレシピノートなら
孫子の代まで継承できますよね~~~。

DSCN4345.jpg

残念ながら私の悪筆ではムリ!!

アンティパストが気になります。

09/26
「ちょっとずつ、いろいろ」が大好き!

そしてそんな欲求を満たしてくれるのは前菜盛り合わせ!
最近のイタリアンレストランは、美味しい前菜の盛り合わせを出して
くれるところが増えました。

そしてそれぞれのカラーをだして工夫されています。

こちらは海の近くのイタリアンレストランの
アンティパスト。
海の幸が取り入れられえいます。

DSCN4327.jpg

こちらは高原のイタリアン。
高原野菜や、豚、鶏などバランスが良いです。

DSCN4366.jpg

高原のイタリアンのメインは牛肉。

サルティンボッカ(牛ヒレの間に生ハムがはさんであります)

DSCN4372.jpg


サーロインステーキ
お肉をステーキで食べたのは久しぶりです。

漬け合わせは両方とも高原野菜のバナナピーマン、米ナス
紫ジャガイモ
DSCN4373.jpg

今秋からは粗食に切り替えないと!

すっきり、さっぱり!

09/25
えらい! よく頑張った!

例年なら6月か7月に行う換気扇掃除。
そう、我が家は年末ではなく、気温の高い時期に
換気扇掃除をおこなうのです。
(油汚れが気温のせいで緩んでいて掃除しやすいのです)

しかし今年はあれよあれよという間に時間が過ぎてしまい
昨日、早起きして頑張りましたわよ~~~。

しかも、暴挙ともいえるすんごいワザを使ってしまいました。

この方法に至るまでにはいろいろ試しに試しました。

1) ジェットスチームクリーナを使う方法
2) 重層液に漬けこむ方法
3) 洗濯用粉石けんを使う方法
4) テレフォンカードのようなもので油をこそげ落とす
  方法。

たいては上記の方法の複合技でしたが。

どれも今一つ決め手に欠けていたのですが、
今回はすんごいこと思いついたのですっ!!!!

じゃじゃ~~ん!!

大胆です! 大きなお鍋に重層の粉をたっぷり
振り掛けておいた換気扇をつけ、
熱湯でぐらぐらと茹でましたよ~~~


ほれほれっ、油汚れが浮いてきてます。

もちろんこの後は、歯ブラシやらなんやらで
汚れを落としました。

DSCN4388.jpg

ほれっ、きれいさっぱりこの通り!
15年使用している換気扇には見えないでしょう?
(と、自画自賛)

20130924-1.jpg

この方法が換気扇の素材にどんな影響があるかは
不明ですが、ここまできれいにするのに約1時間で
できてしまうとなるとやるでしょう。

20130924-2.jpg

仕上がりにかなりの満足感を得ました

美しいお部屋

09/25
はぁ~~ぁ~~~

久しぶりにお邪魔した友人宅がどんどん進化を
遂げていました~~。
ため息が出るほドリーミー

お家を「白」にしたいと少しずつ、少しずつご自身で手を入れられ
年々美しくなってきているようです。

「断捨離」という言葉が世間をにぎわすようになって
数年位が経ちますでしょうか?

「断捨離」の考えに100%共感している訳ではないのですが、
ある程度すっきり、さっぱり余分な物を持たないようには
したいと考えています。

しかし、2年前の震災の際には、そういった余分な物が
あったから役立ったのも事実なんですよね~~。

では何故私は、家の中をすっきりさせたいと
考えているのでしょう???
それは、日々暮らしている空間が美しくなく、
オシャレじゃない、生活感プンプンなのが
嫌なんだと思います。

そして今回こちらのお宅にお邪魔して気づきました!!

どちらかというとこの友人宅は物が多い方です。
でもなんとも居心地がよく、暖かな雰囲気でしかも
うっとりするような素敵さ。

それは、お家の中にあるもの全てが手抜きなく
どれ一つとっても吟味されて選ばれ、どれもこれも
素敵に調和しているからなのでしょうね。

我が家のように、テイストがバラバラだと・・・
「余分なもの」になってしまうのだと思いました。



こんなお茶のテーブルを用意していただいていたら
毎日でも通い詰めてしまいそうです。

DSCN4333.jpg

これが一人分のお茶のセット

あっ、手作りのスコーン、クリーム、ジャム、フルーツなどなど
出していただいたのですが、おしゃべりに夢中になり
写真を撮り忘れました
DSCN4334.jpg


窓の気の扉などは、ご自身の手作り。
無いものは造るというこだわり。
お部屋にあるキャンドルやら雑貨もすべて白。

DSCN4338.jpg

挿し色で黒を使われていますが、こんな使い方なら
黒でありながらドリーミーな雰囲気を壊さず素敵ですね。

DSCN4339.jpg

ちょっとした出窓のあるコーナー。
手前には一人掛けソファが2脚。

お茶でもいただきながら、美しい挿絵や写真のある
本を読みながら少しまどろむ・・・という図が
似合う空間です。


DSCN4340.jpg

外から戻ってきてこんな空間がまっていたら
なんとも素敵で嫌なことなどすべて忘れて
寛げそうです。

晩夏のおもてなし料理

09/19
久しぶりに美味しい和食でございました

お料理のレッスンに行って参りました。

最近、時短レシピでお料理をすることが多い私。
時短でもそこそこのお味のお料理ができるので
満足しておりましたが、やはり一番だしからきっちり
とった和食は美味しいし、体に優し~~い感じがしますね。

まずは一番だしをとり、そのお出しを殆どすべてのお料理に
使っています。

今日のメニューは

① 先付 : なごり野菜のゼリー寄せを胡麻ダレで

彩り鮮やかな各種野菜を同じくらいの硬さ(食感)になるよう
下ごしらえをしてゼリー寄せにします。

胡麻ダレがとっても合います。
この胡麻ダレもだし汁を加えて作ってあります。

この一手間が大切なんですね~~。
自分でなんとなく、こんな感じ??とテキトーに作った
時のはやはり、パプリカの皮が口当たりがわるかったり、
ゼラチンが硬めだったり、柔らかすぎたり・・・

やはり日本料理って繊細ですね。

DSCN4317.jpg

②お造り : 白と赤の仕立て、すだち入り辛子醤油で

器もごちそうですね。

赤はまぐろ又はサーモン、白は鯛、平目、帆立など
を使います。

写真では見えませんが、一番下にはわかめが敷いて
あります。

レッスンでのわかめはトロトロになるくらい
のものを使っていましたが、自分で作る際は、

1)ワカメはシャキシャキ感が残るものを使用。
2)玉ねぎは、透けて見えるくらい薄く切る。
3)お造りは、もう少し大きめに。

を備忘録としてメモしました。

このお造りでなんといっても意外で美味しかったのは
イチジクですね。
季節物ということもありますし、なんとも合うのです。
イチジクがないときは、マスカットでも良いようです。

下に敷いてある、大葉を千切ってトッピングしてお出し、
醤油、みりん、辛子で作った辛子醤油をた~~っぷり
かけて、スダチもたっぷい絞って
頂くとなお良しでした。

DSCN4321.jpg

③ 煮物 : 厚揚げと冬瓜のオクラ添え

 冬瓜、好きです! 
 すり流しにしてもよいし、
 煮たものを冷たくしていただくもよし。

 今日は、絹の厚揚げと海老、そしてオクラと
 胡麻をトッピングして頂きました。
 
 お出しが本領発揮! 何とも言えず、良い
 香でした~~。
 だしパックやだしの元ではやはり、足元にも
 及ばないですね。

 いや~~、薄味でも本当に美味しかった。

DSCN4322.jpg

④ ご飯 : もずく茶漬けを柚子胡椒風味で

  こちらも一番だしがもの言う、ワンランク上の
  お茶漬けです。

  そして、ワサビではなく柚子胡椒がいい仕事してます。

  そうそう、たっぷりのモズクが美味しかった~~。
  繊細で細~~いモズクなのですが、シャキっとした
  歯ごたえがあり、これを頂くと
  パックに入ってチョロチョロっと浮いているだけの
  モズクなんて買えません!

  緑は、ホウレンソウでした。
  私の好みとしては、定番ではありますが、
  やはり三つ葉が良かったな~~。
 
  DSCN4323.jpg

⑤デザート : 南京羹とトコロテンをあんシロップで。

夏の終わりのころに、お花屋さんの店先でみかける
オレンジ色のカボチャ。

あのカボチャは煮物にしたら全く美味しくないらしい
のですが、このように寒天で固めて羊羹にすると
美味しいのです。

しかも色が美しい!
まるでオレンジゼリーのようです。

レッスンではトコロテンを流れる水に見立てて
トッピングしましたが、個人的には
トコロテンは余分でない方が良いと思いました。

せっかくの繊細なお味がトコロテンの
磯の香りが邪魔するのですよ。

ゆえ、自分で作る際にはトコロテンは却下です。

そして、塗りのスプーンで頂きたいと思います。

DSCN4326.jpg

ある程度のお料理経験を重ねてくると、テキトーに
自分で考えてお料理を作れるようにはなりますが、
やはりちょっとしたコツでお味に差がでますので
こういったお教室に参加することって大事ですね。

HOKUOの誘惑

09/14
負けてしまいました

普段なら割と平気でスルーできるHOKUO。
この日は小腹が減っていたので、つい出来心でフラフラと・・・・


HOKUOって昔っからなんのためらいもなく、恐ろしいほどガツンとくる
パンが売られていましたが、現在も相変わらずです。

HOKUOにはいったからには、「カロリーが」とかなんとか
四の五の言っちゃあダメでしょう。

ええ、ええ、いさぎよく、買いましたとも。
体に悪そ~~なラインナップで。

DSCN4310.jpg

快楽は一瞬、後悔1週間でございました。

暑くても衰えぬ我が食欲~~~

09/04
美味しかった~~~

海があるエリアまで我が家からは1時間弱で行けるのです。
でも中々行く機会がない。
ゆえ、海エリアにお住いのお友達からお誘いがくると
テンションが上がりまくります。

山エリアに出かけるより海エリアに出かける方が私にとって
「休日」あるいは、「リゾート」感を感じるのです。

そして衰えることのない私の食欲も疼く~~~!!

私が食いしん坊なのをよ~~く理解してくださっているので
いつも美味しいお店に連れて行ってくださいます。

そりゃ~~、暑くったってルンルン気分で出かけてまいりますとも!!

今回、チョイスは2つございました。
イタリアンか海鮮和食。

あぁ~~、悩ましい~~~。

何故海エリアなのに、即決で海鮮和食とならないのかと
申しますと、この海のエリア、フレンチやイタリアンなどオシャレで
美味しいレストランがしのぎを削りあっているエリアなのです。

が、しかし今回は旬の”しらす”をチョイス。

漁師さんが営む「あさ丸」さんへ・・・・


これは、しらす御膳。
中央、少し上に見えますのが、生しらす。山盛りで結構な量です。
手前しらすのかき揚げ、そして釜揚げしらすと大根おろし。
これでなんと¥1,580円也!

DSCN4306.jpg

こちらは本日のお楽しみ御膳。

お刺身も新鮮で、ボリューミー、天婦羅も山盛り。
釜揚げしらすがトッピングされたサラダ・・・
バランスも良いです。
こちらも¥1,580円也。

DSCN4304.jpg

いやはや、大満足です。

ごちそう様でした。

次回は、今回却下となったイタリアンに行きたいな~~。

私ってぐり~~んふぃんが~~の持ち主??

09/03
やった~~~、根が出てきました~~~!!

「挿しておいたらついたの。」とはガーデニングをする人々の間で
よく聞くフレーズ。
そう、「挿し木が成功しましたよ」の意味なのです。
他の方々がこのフレーズを聞いてどうお感じになるかわかりませんが、
私は昔からこのフレーズに並々ならぬ憧れを抱いておりました。

「かっこいい! 私も言ってみたい!! やってみたい!!」と・・・

そして成功した暁には、「挿したらついたのぉ~~。 よろしかったら差し上げますわ~~」
などと言って、お花好きの方々に分けてあげて・・なんてことをしてみたいと
憧れを抱き続けております。

今のところ成功したのは・・・
ラベンダー、アジサイ、バラ、ペチュニア他草花系何種類か、
そしてモンステラ他観葉植物数種類。

あれ?改めて列挙してみると結構「挿したらついたの~~」を
やってたみたいです。

今回は、クチナシです。

DSCN4309.jpg

クチナシって、金木犀やスズランなどと並び、芳香剤など香グッズには
かならずありましたよね。
でもあの人工的なクチナシの香りってとっても苦手で、
気分が悪くなっていたのですが、 生のクチナシの香りって
素敵~~。
やはり本物は素晴らしい!

いただいてきたクチナシをしばらく花瓶で楽しんでいたのですが、
お花はすぐにだめになりますが、葉っぱはきれいな薄い緑で
いつまでも元気なのです。

むむっ?? これはもしや・・・・
お水に活けておいて中々枯れない草木って根がでてくるって可能性大だと
経験から学んでいた私。 約一か月半ほど、水を替えてたり、茎の部分を
そっと洗ったりと、ちょっと気にかけておりましたところ根がでてきたのですよ。

ほれ、この通り!

DSCN4307.jpg

暑さがもう少し落ち着いたら土におろしてあげようと思ってます。
来年初夏にはあの麗しい香りを放ってくれるお花が咲いてくれると
うれしいな~~~。
フリーエリア
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。