Archive | 2007年05月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラを切りました

05/30
昨日の時点で、今日の天気予報はでしたので、断腸の思いで残っているバラ達を随分切りましたっ!

お気に入りのバケツにバッサバサ入れました。
これを2杯分!
なんと贅沢な気分でございましょうsc06
ご近所3件にもお分けして、お部屋にも飾りました。
芳しい香りに包まれとても豊かな気分でございます

切ったバラ1

切ったバラ2 切ったバラ3


肌寒いこともあり花器をぽってりしたものにしてみました。
そして、日曜日のツーリングの際に会長の奥様に頂いた手編みのレースを下に敷いてみました。 
外側がフリンジのようになっていてとってもすてき~でございます><

ジェフ・ハミルトンやウイリアム・モーリスは、現在残っているものは、ステムが細いのでどうやっても下を向いてしまいます・・・うーん
ウイリアム・シェイクスピア2000(イングリッシュローズ)を加えたら引き締まりました。ドラセナの葉や黒の矢車草がいい味を出してくれています。
やはり、ピンクのバラだけじゃなく、アクセントカラーになるバラをもう少しお迎えしようと心に決めました。
アレンジ1

アレンジ2


ウイリアム・シェイクルピア2000は、今春お迎えしたばかりでステムが短くしか切れなかったので他のバラとアレンジできなかったのでまとめてみました。 ドラセナの葉を加えてすっきり「おフランス風アレンジ」に・・
(って、思っているのは私だけ・・)
アレンジ3

スポンサーサイト

夫の言葉に赤面

05/30
昨晩、夫に言われました・・・
夫 : 「ブログ見たけど・・・バラとか花に「ちゃん」付けするのやめたら~」
私 : 「えぇ~~、ダメ~~?変~~?」
夫 :「僕がバイクに XX1200ちゃんとかXX1300ちゃんとか言ったら変だろう?」

そりゃ~男性が(特に我が夫のようなタイプが)バイクを「ちゃん」付けしてたら、「変」に決まってるでしょう~がぁ!!!ぷっ!01
 一緒にしないで頂きたいわっやるせなし

でもふと我に返ると・・・・確かにバラやお花に「ちゃん」付けは、私の柄ではないのも事実・・・・
確かにな~~~、実際のアタクシをご存知の方々は「おかしいんじゃないの?」と思っていたかも???

ブログを書いていると、世界はすっかり、「私とバラとお花達だけ」。

人前では赤ちゃんに赤ちゃん言葉を使わない人が、周りにだれもいなくなり、可愛く純真無垢な赤ちゃんを目の前にすると、ついつい赤ちゃん言葉で話しかけてしまう・・・そんな感覚ではあります。

そんな現場を押さえられた!感あり・・・・

きゃ~~~、恥ずかしい~~~

今後はワタクシらしく参りたいと存じます。

やっぱり閉めくくりは、バラでしょう。

05/29
アカオハーブ&ローズガーデンレポ最後は、やはりバラですね。

HT系のバラより、私好みのオールドローズやイングリッシュローズが多かったです。
あっ、つるバラもたくさんありましたよ。あとフロリバンダ系も。

どのバラも本当素敵でした。
今年は年一年のバラの祭典「国際バラとガーデニングショー」よりず~~っと楽しめました。
なんと言っても屋外で自然ですものね!
野外で雨風に打たれているだろうに汚れたお花は殆ど見あたらなかった。
これもお手入れのお陰? 感動的なくらい行き届いています。

では、行って見よう~~~!

他の方のブログで見て一目ぼれ~~~
「実物を見てみた~い」とずっと思っていた願いがかないました。
「アウグスタ・ルイーゼ」(シュラブ)です。
アプリコット~モモイロで花弁の基部が黄色、花弁が波打つロゼット咲き。
房咲きで花つきがよさそうです。
ちょっと遠かったのでくんくんできなかったのが残念!
この子は絶対、お迎えすると心に誓いましたっ!
アウグスタ・ルイーゼ4

アウグスタ・ルイーゼ

アウグスタ・ルイーゼ2

アウグスタ・ルイーゼ1


今春「絶対お迎えするバラリスト」上位にあったイングリッシュローズの「ザ・ピルグリム」
遠目からズームして写したのでイマイチですが、遠めで見ると本当にカタログどおりのレモンイエローに外側がオフホワイトの大輪でした。

アーチのサハラの反対側に植えてあるアンクルウォルターを移動させてそこに植えるのに何が良いかと思案中なのです。
同じ黄色系で「ザ・ピルグリム」にするか「ティージングジョージア」にするか???ちなみに写真下は、「ティージングジョージア」。
ティージングジョージアは、ご近所で見せていただいたら色が薄過ぎる!殆どクリーム色に近かった。
でもこのローガーデンで見たらカタログに近い色で咲いている。
でもピルグリムの爽やかなレモンイエローにやはり引かれてしまう・・・サハラとの組み合わせだと負けるかなあ?
やはりクラウン・プリンセス・マルガリータにしようか???
う~~ん、悩むなあ~~~。
ピルグリム

ティージングジョージア(イングリッシュローズ)
CPM


「ザ・エドワード・エルガ」
去年からクリムゾンカラーから濃いピンクのバラが気になっている。
今春「ウイリアム・シェイクスピア2000」をお迎えし、お花の顔を見て感動。ウイリアムモーリスやジェフハミルトンと一緒に生けると引き締め役になってとても素敵。
もう少し、他のクリムゾンカラーのバラを増やしたいな~
この子も素敵!
TEE


やっぱりピンクが好きハート
「ラ・フランス」(ハイブリッド・ティー)
ハイブリッドティーの第一号品種と聞いていたが、最近のHTに比べて丸みがありカップ咲きに近いですね~。
花びらが外側に細くクルクルカールしてかわいい。
花びら数が多く、薄いから雨に弱そうなのに、汚れたお花が無かったのは何故??
ラ・フランス


「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(フロリバンダ)
やっぱりダ・ヴィンチ氏も「Wishリスト」に加えます。
ローズ色のクォーターロゼット咲きで花弁が厚めで雨に強そう。
香りは薄いですが・・
絶対欲しい! 咲き進んでも花形があまり乱れていなかったのも魅力です。
LD



名前が分からないバラ達。


濃いローズ色、割りと大輪、深いカップ咲き・・・さて何でしょう???
分からない3

濃い紫で中輪
分からない2

名前が分からないのが本当に残念
分からない


群生2

群生1


バラばかりでなく、色々なお花の間にバラがいっぱい咲いていて本当に素敵でした。
近くなら、毎日通いたいガーデンです。

皆様も、是非是非一度行ってきてください。感動しますよ~。
そしてとてもリフレッシュできますよ~~~。

一人で大笑い!

05/29
今日も一人で大笑い!

何故かと申しますと・・・・
ウグイス君が笑わせてくれるのですうひゃひゃひゃひゃ!
以前一度記事でアップしましたが、恐らく同じウグイス君。ハト1
ここ何週間か良く鳴いています。
でも鳴き方が「まだまだね~~~」って感じ。
もうそろそろ「ホ~ホケキョ」とちゃんと鳴けていい頃でしょうに。

「ホ~ホッケキヨウ!」と「キヨウ」のところにアクセントが入るのです。

相変わらずたまに「ホ~ホキョキョ」とか言っちゃうし。

「ケッキョ、ケキョケキョケキョ、ケッキョケ~、ケッキョケ~」とか節回しもあり~の、「ケケッキョケ~、ケケッキョ、ケケッキョ、ケッキョケ~」とかのオリジナルもあり~の。

ず~~とこんな調子です。 ず~~と聞いていても飽きません。

今日は、すぐ近くの木のあたりで鳴いているので気になって、気になって・・・書いちゃいました~~~

アカオハーブ&ローズガーデン4

05/29
気になったお花たち

アリウム・ギンガジウム

私のお庭にも欲しいと思っていたアリウム。
大きいけど、お色が周りとなじんででしゃばり過ぎず可愛いです。
ここのガーデンは、囲いなど殆ど無くとても自然で「どなたかのお宅のガーデン」っていう感じで本当に近くでお花たちを見れます。
一度触ってみたいと思っていたアリウム・・・チャンスを逃さず触っちゃいました~~~あ

左手の平でポ~ンとはじいたら右へゆら~り、右手の平ではじいたら左へゆら~り。 妙に面白い・・・
手の平に感じる花びらのサワサワした感じが気持ちいよいです。

ポ~~ン、ゆら~り、ポ~~ン、ゆら~り、ポ~ン、ポ~ン、ポン、ポン、ポンポン、ポンポン、ポッポッポ、バシッバシッバシッ、バンバンバン!

ウソです。そんなことしてませんよ~~~。

ぽ~~ん、ポ~~ンと2回ぐらい優し~くやって、最後に頭頂部を撫で撫でして終わりました。
でも、アリウムのそばでボ~~ッと佇んで、ポ~~ンポ~~ンしている私の姿は、アブナイ感じがしたかも・・・
アリウム・ギンガジウム


西洋オダマキって本当に色々な種類がありますよね~~。
とっても複雑な花形のものも目を引きますが、私が今回きになったのは、このお花の後ろのツンっと伸びたところ! 
すごく長くありません??

手を思いっきり後ろに伸ばして流星のごとく飛んでゆこうとしている風に見えるのです。
はたまた、競泳のスタートのポーズ???

西洋オダマキ1


レモンイエローもあるんだ~~。見たこと無かった。
あっちこっち向きながらこれだけの数のお花が咲いていると、後ろのつんとしたところがあっちこっちでツンツンして、本当に流星群のようです。
西洋オダマキ2


この赤と白のコンビネーション、とっても愛らしいですねうる
こんな赤なら我家のお庭にも植えたいな~~。あぁ~~かわいい~
西洋オダマキ3


ちょっと怖かったオリエンタルポピー
中の濃い色がなんとも・・・そしてお花がとても大きい!
いくら大きいといえどもそこはポピー、花びらはティッシュのように薄く、全部の花びらがしっかり開くには、薄すぎるようで「てろ~~」っと垂れちゃいます。
会長の奥様が花びらをそっと持ち上げてくださったのでお花の中までしっかり写りました。
奥様の手と比べてもかなり大きいのが分かります。
しかし、この中心部の筆で炭を刷いたような色、食虫植物かはたまた触ったら毒に当たりそうで本当に怖かった。
お色違いの赤なんてもっとオドロオドロしい感じでした。
オリエンタルポピー


ジギタリスがいたるところに咲いていました。
ガーデナーの方に伺うと、中々宿根してくれなく毎年植えているそうです。
中でも私が欲しいと思ったのは、この薄いアプリコット色で中にぶつぶつ模様のない子。
素敵です。
ジギタリス

アカオハーブ&ローズガーデン3

05/28
ハーブガーデンで~す

本当に時間がなかったのが残念、無念!!!
あのラベンダーの段々畑の間を、手でラベンダーの頭をさ~っと撫でながら歩いたらきっと良い香りにウットリできただろうな~~
目の前にそんなチャンスがありながらさっと流さなければいけなかったのが返す返すも残念でなりません。

ハーブガーデン1


まるでおフランスのお庭のように整った形のガーデン。
こういうスタイルもまた素敵。
ハーブガーデン2

アカオハーブ&ローズガーデン2

05/28
「アカオハーブ&ローズガーデン」レポの続きです
敷地が広く、写真もいっぱい取ってきましたので何回かに分けてレポしますね。
前回の記事に引き続き、「引き」で撮った景色です。お花達のアップの写真は後ほど・・


山の斜面を利用しての造りなので、斜面のガーデンも素敵です。
バラとジギタリスを始めとする色々なお花が混在。
でも「お好み食堂」にならないのは、やはりその壮大な広さのお陰??

斜面1

斜面2


ガーデナーの方々が何人もお手入れに入られていて、本当にメンテナンスが行き届いていました。
バラ達も地植えなのに黒点病とかうどん粉などの病気にかかっていないのはなんで????
お薬を散布するにしても他のお花達がすぐそばに植わっているのに何の影響も受けていなさそうだし・・・
是非、秘訣を伺いたいと思いました。

ここからは、「ウエディングガーデン」です。

ガーデンニングショーなどで見かけるお庭は、そのときのためにタイミングをあわせて咲かせたお花達を持ち寄り、ポットのまま置いてあったりしますが、こちらのように屋外で自然に咲かせていてこれだけ美しくなるのだなあと感動です。
パーゴラに絡ませたバラも素晴らしかったです。

ウェディングガーデン1


バラのアーチがいくつも続いていたのですが、その横のルピナスのコーナー。
色とりどりのしかも巨大なルピナスが咲いていました。
花穂の上が指を曲げたみたいにゆがんでしまっているのは、風のせい??
ウェディングガーデン2


木で組んだ枠組みにワイヤーを張り巡らせ、壁面仕立てにしてあったバラ。
風通しがいいですよね。
バラのカーテンのようです
ウェディングガーデン4


バラのアーチがいくつも続いています。
全て白とピンクのバラ、ばら、薔薇~~~~
白は「アイスバーグ」、ピンクは「アンジェラ」のようでした。
やはり本物の迫力は違います! 
アーチ

ウェディングガーデン3


「白」のコーナー
時間があまりなく、ゆっくり確認できなかったのですが、下に植わっているのは、全て「アイスバーグ」のようでした。
白いバラと、スッキリしたコニファー、鉢寄せえのシルバーリーフとラベンダーで白いリボンなど使ってデコレーションすれば、「ホワイトウエディング」だわ~~~
ウェディングガーデン5


Bチームとの合流のため、時間がなく、降りて見にゆけなかったのですが景色は最高です。写真にある白い椅子に座れば斜面のガーデンが一望できそう。
で、後ろを向けば海・・・・素敵すぎる!
私は、あそこに住みたい!!!
ウェディングガーデン6

バラのお庭の全貌

05/28
わたくしのお庭の全貌をご紹介いたしますわよ~トールローズ

今までお花達のアップ写真ばかりで全体写真をアップいたしませんでしたが、このバラのシーズンのフィナーレを飾るべく、全貌をご紹介いたします。

まずは、お「オールドローズガーデン」入り口でございます。
アーチの右側は、なにやら白いバラが咲いておりましたが早々に散ってしまいました。 
左側に見える建物がローズハウスでございます。
オールドローズガーデン1


「ローズハウス」でございます。
お庭仕事の合間にここで休憩をしたり、お茶を飲んだりいたします。
正面から入って向こう側は太平洋を見渡せます。
お友達がいらしたらテラスでお茶を頂くこともございます。
雨の日は、ここで読書をしたり、お花達をスケッチしたりいたします。
オールドローズガーデン2


高台にございますので斜面を利用し、白~ピンクのお花達を植えております。
オールドローズガーデン3


「ローズハウス」の角に植えた「アンジェラ」がたわわに咲いております。
オールドローズガーデン4


斜面のお花達でございます。
オールドローズガーデン5


いかがでございますか? 
オホホ~ホッホッホ~~~
素敵でございましょう~~~ハート
すっすみませんっ! ウソをつきました汗汗

お写真は全て、「アカオハーブ&ローズガーデン」のもので~す。

日曜日に、ツーリングで行ってきました。
熱海まで皆で一緒に行き、ランチ後、Aチームは「アカオハーブ&ローズガーデン」散策、Bチームはどっかへ走りに行きました~~。

Aチームは、私、会長&奥様、女性ライダーのDr.なっちゃんの計4名
今までのチームツーリングは走るのが目的のようでタンデムの私は、名所などを横目で「あ~~~っ!あそこ行きたい~~」といつも飛び行く景色でしか見れなかったのですが、今回はチームを分けてということになり行ってきました~~。

去年行ったときは、5月GW中だったのでバラには少し早かったのですが、今回はもうそれは、それは美しく・・・・
オールドローズは、咲き終わりつつありましたが、イングリッシュローズが今は盛りとばかりに・・

あ~~天国~~~。

写真のコメントのように私のお庭だったら下界には降りたくなくなるだろうな~。
引きこもりになるかも・・・と思いました。

山の斜面を利用して造ってあり、景色も良く、海まで見渡せ本当に素晴らしかったです。
是非一度お出かけくださいな。

宿根草たち

05/26
我家の宿根草は、ブルー系、ホワイト系が多かったのだわ~~

宿根草は、一応お色目を考えて植えてるじゃな~い!
「お好み食堂」でもないじゃない?
じゃあ、なぜ春のお庭は「お好み食堂」に???
そうなのですね~、お花屋さんの前を通りかかるとつい・・色々な子を連れ帰ってきてしまうのですね~~~。

今、咲きだした宿根草達を見ると、私のお庭も「ブルー&ホワイトガーデン」のようですわよっ!

ベロニカ「ロイヤルキャンドル」
まだ、色があまりついていませんが・・・ロイヤルな雰囲気のブルーです。
ねっ!後ろにブルーデイジーも写っていて「ブルー」でしょう?
ロイヤルキャンドル


マルバ
去年は大きくなりすぎてスゴイことになったので、冬に地上近くまで切り詰め、場所を移動させたのでまだ背丈は40cmほどですが・・・
今年もこれからの季節でぐんぐん大きくなりそう・・・
秋ごろまで良く咲いてくれます。
マルバ


デルフィニューム
去年の株ですが、今年は花茎の数が多いです。
今年は猛暑だとのことなので来年まで持つかどうか??心配絵文字名を入力してください
大きい花茎のが咲き終われば切ると、次から小さめの花茎が出てきて決行長い間、楽しめました。
デルフィニューム2

デルフィニューム1


ガウラ「ソーホワイト」
名前のごとく「とっても白い」です。
この子も冬の間は地上部は何もないくらいに切り詰めてありましたが、今や背丈は150cmほどに伸びています。
秋までず~~っと次から次へと咲き続けます。
ガウラの後ろにも白のジギタリスが写っていて、「ホワイト~~」でしょう?
ガウラ


スイートピー
やっと咲き出しました~~。 薄いピンクももうすぐ咲くハズ。
ほらっ!これだって後ろにホワイトレースフラワーが写ってますしっ!
スイートピー


心配させられたジギタリスですが、濃いピンクが咲き出しました。
ぶつぶつ入りです。
白は、ぶつぶつなしですっきりでしたが・・・
あとは「橙色」と書かれたタグがあった株のジギー君が心配。
葉っぱも花茎の様子も他のジギタリスと違うので判断がつきません。
ジギタリスピンク


う~ん、こうやって見るとまとまりのあるお色目のお庭ですわっ!98666

決して「引き」で写真を撮れないですが・・・

新しく咲いたバラ

05/26
他のバラがだんだん散って行く中でやっと咲き出しました

遅かったじゃな~~い、待ってたのよォ~~~

ウイリアムモーリス君の下で、元気がなかったゴールデンボーダー君、
やっと咲き出しました。
まだ1個ですが・・・・房咲きのハズなのに・・・

あ~~、でもこのスッキリしたレモンイエローが好き
香りもすっきりしてます。 爽やかです。
他のお宅では、5,6輪房咲きになってレモンイエローのブーケみたいなのになぁ~~~。
ゴールデンボーダー


そして、今春お迎えしたイングリッシュローズの「ジェイムズ・ギャルウェイ」君
確かにお花はお写真にかなり近いのですが・・・小さいっ! 直径5,6cmというところでしょうか。
あれ~~???
植えつけるときには、穴をしっかり深く掘り、腐葉土と赤玉土に加え大好物の牛糞をしかり混ぜ混ぜしたフカフカのベッドをご用意してお迎えしたのに、どうして~?
しかも大好物の牛糞はただの牛糞じゃなくってよっ!
EM菌入りよ~~!
う~~ん、来年に期待しましょう。
花もちはよさそうです。

ジェームス・ギャルウエイ

雨でバラが~~~

05/25
今日は1日中雨でした・・・絵文字名を入力してください
花びらの多いイングリッシュローズ達は、花びらの間に雨がたまり、重くなって皆うつむいてしまっています。
耐え切れない子達はハラハラと散ってしまい・・・・泣き顔
昨日は、雨にそなえてスーパーの袋3袋分も花がらを切ったのにぃ~。
アーチのサハラ、アンクル・ウォルター、ジェフ・ハミルトンは随分すっきりしてしまいました。
明日、あさっては、晴れて気温も27,8度とか。
花びらの間にたまった水が太陽に温められお花の首元から腐ってしまうかも~~~タラ
自然は美しいものにも厳しいです。

今日、随分久しぶりにお会いしたお友達に、「あれ~?焼けたねえ。どこか旅行?それともゴルフ焼け?」
うっ~~~、そんなに日焼けしていたんだ・・・しょ~~っく!マジですか
「・・・・草むしりですぅ・・・」

そうなのです。もともと色黒の私は、紫外線吸収体。すぐ日焼けしてしまうのですタラ絵文字名を入力してください
お庭に出るつもりの時は、日焼け対策をして出ますが、新聞取りに、とか郵便とりに・・・とかのついでについつい気になって花がら摘んだり草むしりしたり・・・無防備なままやってしまっているうちに日焼けしてしまっていたらしい。

年とともに日焼けからの回復は遅く、次の年まで持越しシミはできるし・・
あ~~っ、気をつけよっ!
皆様をお気をつけあそばせ~~~。

バラウイークスのお土産

05/24
今日伺ったブログお友達のお宅に伺って頂いちゃいました~~
私の持っていないバラばかりでとっても嬉しいうる
スイート・ジュリエットの芳しい香りは、ず~~っと鼻をくっつけておきたいぐらいです。
可愛い、ブリキのジョーロの寄せ植えには、アイビー、オダマキ、多肉植物が植わっています。
オダマキ、来年咲いてくれるかな?
お土産1

お土産2


火曜日にバラを見に来てくださったお友達に頂いたステキなプリザーブド
あ~~~、この色合わせがとってもステキ~~~あ
どこに置こうかな~~~
お土産3

見せていただいたバラ達

05/24
今日は、ブログ友の方との「バラ見せあいっこ・後編」でその方のお庭にうかがう日でした。
その前に、師匠のお庭を覗きに行ったら・・・・

あ~~ん、まだまだい~~っぱい、い~~っぱいバラが咲いていました~~。

アンブリッジローズ(イングリッシュローズ)
うちの子は、咲きそうにありませ~~ん
去年は、2輪ほど咲いたのですが、こんなに立派なお花じゃなかった。
そして花びらの数も少なかった~~~。
ちょっと方策を練らねば・・・・絵文字名を入力してください
アンブリッジローズ


ローブリッター
あ~~~、らぶり~~らぶり~~、らぶり~~~~!!sc06
本当に愛らしいバラで、見ていると頬がデレ~~となってきます。
ローブリッター


ライラックローズ(イングリッシュローズ)
他のお宅で見たときはもっと色がうすく「なんかイメージと違うな~」と「Wishリスト」から削除していたのですが、師匠のお宅で見るとカタログどおりのお色とお花・・・やっぱり「Wishリスト」に復活!
ライラックローズ


ジュード・ジ・オブスキュア(イングリッシュローズ)
このオレンジがかったアプリコット色が私の心をとらえました~~
ピンク系も好きなのですが、イングリッシュローズをお迎えし始めたもともとの理由は、アンブリッジローズやアブラハムダービーなど、優しいアプリコット色に憧れて・・・でした。
しか~~し!我家のアプリコット色のバラ、アンブリッジローズ、アブラハムダービー、ア・シュロップ・シャイヤー・ラッドなど、アプリコット系は全滅!
相性が合わないのでしょうか???
ジュード・ジ・オブスキュア



クイーンオブスウェーデン(イングリッシュローズ)
写真でしか見たことがなかったので、このお花の咲き進むにつれての花形の変化にびっくり!
あのたっぷりの花びらがどうやったら最後の写真のように、中心部がへこんでくるのでしょう???へこんでもちゃ~んと花びらがきちんとならんでいる、さすが「クイーン」と思わせるお行儀のよさです。
クイーンオブスウェーデン1

クイーンオブスウェーデン2

クイーンオブスウェーデン3


ブログお友達の方のお庭で取った唯一の写真。
スイートで可愛らしいお庭に見とれて他のバラ達の写真を取り損ねてしまいました。
このバラのお色・・・なんとも魅力的でお写真を撮らせていただいたのですが、名前を・・・忘れてしまいました・・・汗汗
?

お庭でのドラマはバラだけじゃなかった

05/24
虫が嫌いな方は写真をクリックしないでくださいね。画像が大きくなりますから

お庭に出ていると、色々なドラマに遭遇します。
下の画像は、昨日の朝、鉢のスタンドの下に張られたクモの巣に引っかかっていたちっちゃなトカゲです。
もう一歩で地面に足が届くのですが、あと1mm程の距離なのに届きません。一生懸命もがいていました。もがけばくるくる回って目が回るのか、しばし休憩します。
助けてあげるべきかどうか・・・でもクモにとっては、短い一生でこんな獲物がかかるのは一度あるかないかだろうし・・・
「トカゲくん、頑張れ~~」と応援するも、手を貸してあげるのはいかがなものか・・・悩みました。
自然の摂理でこうやって回っているのだと、感動しました。
お庭にでていると、虫を見て「気持ちわる~~い」とあまり思わなくなりますね。 「みんな頑張って生きているのね~」としみじみ感動しました。
トカゲ6 トカゲ2


この2枚は今日、朝のものです。 
だんだん巻き上げられています。昨日、今日のお天気でトカゲ君が干からびてしまったのかまったく動きません。
でもどうやって引き上げられたのだろう??
クモは、自分の体より大きなこのトカゲ君を食べれるのだろうか?
鳥に横取りされないといいね。
トカゲ4 トカゲ3



今日、夕方の写真です。
クモ君がいよいよ降りてきて、トカゲ君に何かしています。
この後、どういう展開になるのだろう????
トカゲ5


今日、ブログ友の方のおウチのバラを見せてもらいに伺ったときに遭遇したドラマです。
アイスバーグの枝に生みつけられていた卵からカマキリがちょうと孵化したばかりだったようです。
赤ちゃんカマキリって小さいのにもうちゃ~~んと立派なカマキリの形をしているのですね。
お母さんが良い場所に卵を産みつけておいてくれてよかったね~~。
孵化してすぐ美味しいご馳走にありつけそうな場所ですものね。
アブラムシとか他のバラにつく虫を食べてくれるだろうこのベイビーちゃん達、我家にも連れ帰りたかったわ。
強い風が吹きませんように・・・
カマキリ1 カマキリ2 カマキリ3

国際バラとガーデニングショー 最終回

05/24
レポ最終回は・・ばら・バラ・薔薇~~~トールローズ薔薇
やはり、最終回はバラで締めくくりたいと思い残してありました~うひゃひゃひゃひゃ!

スイート・ローズ・アヴェニューでは、やたらピエール・ド・ロンサーヌとバロン・ジロー・ドゥ・ランばかりが目立つ(というかそれ以外の種類が少なかった)仕立てでしたが、その入り口にあった気になる薔薇を・・ネームタグがなかったので名前が分からない・・・絵文字名を入力してください

白っぽい薔薇がステキだった。
エントランスのバラ



「市川バラ園の未生のバラ」と書いてありました。
色に惹かれ、クンクンしてみると香も良く・・・
売り出されたらお迎えしたいバラです。
市川バラ園の未生のバラ


テーマローズの「バロン・ジロ・ドゥ・ラン」
バロン・ジロードゥ・ラン


フランスのナーサリー」で見かけたバラ

ローズ・デ・キャトル・ヴァン
ローズ・デ・キャトル・ヴァン


「シャンテ・ロゼ・ミサト」
薄いピンクなのに甘くなりすぎず、気品のあるバラです。
中心部が濃く外側にゆくにしたがって薄いお色になるバラが多い気がしますが、このバラは外側の方が濃い目・・・
ほっ、欲しいっ!

シャンテ・ロゼ・ミサト

シャンテ・ロゼ・ミサト2


「アクロポリス・ロマンティカ」
房咲きのバラを持っていない私は、ず~~っと房咲きを物色していたのでやたら気になりました。 メイアン社のバラです。
1枝でブーケになりそう!可愛い~~sc06
アクロポリス・ロマンティカ


名称不明
開いたお花と開きかけのお花では随分大きさが違うのですね。
名前が?




「フォーユー」
うっ!このネーミングにぐっときました。
”for you”だって~~~><
お花の雰囲気もネーミングも「甘~~~っい」
この房咲きさ加減もだ~~い好きハート
?5


「ラヴェンダーピノッキオ」
お花屋さんでよく鉢は見かけましたが、周りで育てている人がいなかったのでお花をじっくり見たことがなかったのですが、ステキ~~
落ち着いたエレガンスを感じます。
開いて中の黄色い蘂が見えてもとても素敵~~
?6


「フリュイテ」
なんだか「和」の雰囲気がすると思うのは私だけ???
万葉の頃の置物の柄に出てきそうな・・・
オレンジ色なのに落ち着いた雰囲気があります。
?7


名称不明
いくら探してもタグがなく、名前が分からない~~~絵文字名を入力してください
一重で桜を大きくしたようなバラ
初々しいピンク色に赤い蘂・・・幼い少女を連想されるとってもラブリーなバラでしたsc06
???



切りバラコーナー
たくさんあった中で、私のお気に入り2つ
切り花ようバラで好きなバラがいくつもあるのにこいうバラは鉢で売っていないのがとても残念です。

「サラヤ」

サラヤ


「キララ」
キララ



コンテストバラのコーナー

レディ・ゴディバチョイスをご紹介~~~

「リリアン・ベイリス」
と書いてありました。 聞いたことが無かった・・・
このクリーミーホワイトとひらひらの花びら・・・中輪なのに存在感がありました。
リリアン・ベイリス


「ブラック・ティー」
こういう大人っぽいお色のバラ、育ててみたいです。
ブラックティー


「シャルグートフランス」と書いてあるように見える(タグの字が上手でなく読みづらかった!)
プラスティックでつくったような色のバラ。
色に透明感があり、花びらの痛みなどまったくなくとても綺麗~~うる
シャルグートフランス



今年は開催3日目に行ったせいか、鉢植えがイマイチ充実しておらず、せっかくお迎えする子を物色する気満々で行ったのですが、一鉢も買えず・・・

私が絶対連れ帰ろうと思っていた子の一つは・・・
クラウン・プリンセス・マルガリータ(イングリッシュローズ)ちゃんでした~~~
咲いていたしゃしんのみアップしま~す。
クラウン・プリンセス・マルガリータ


さてさて、時間が経ってしまいましたがこれでレディ・ゴディバの「国際バラとガーデニングショー」レポートはおしまいです。
(ちょっと肩の荷が下りた気がします)
行かれなかった方々にも、楽しさと感動をシェアできたようであれば幸いで~す

国際バラとガーデニングショー パート6

05/23
プリンセス・ジャルディニエの小さななシャトーの花の庭


造作の規模が大きかったのでリアルでステキでした。
おフランスの田舎に本当にありそうな自然な雰囲気・・・

シャトーの花の庭

シャトーの花の庭2

シャトーの花の庭3

国際バラとガーデニングショー パート5

05/23
花壇、バラの使い方、などアイデアいっぱい特集!

壁際も立体的なお花の植え方と色使いでこんなにステキに~~~
アイデアいっぱいです。
壁の塗りもステキですよね。

壁際花壇

壁際花壇2


奥には椅子が・・・
こんな椅子に座ってステキなお庭を眺めていられたら・・・
特別な椅子


渋いお庭
ガーデン


窓からの眺めがこんなにステキなら・・・・あ
窓からの眺め


こんなにお花をつんだトラックが街を走っていたら渋滞も我慢できそう。
トラック


下の写真は、お庭ではなくプロヴァンスの自然の風景という設定。
そよそよと風にふかれてお花達がゆれたらステキでしょうね。
自然2

自然1


こんな作業小屋みたいなのがお庭にあったら、1日中お庭ですごしてしまいそう。
小屋


国際バラとガーデニングショー パート4

05/23
街角の風景っぽいディスプレイ特集!
今回の「国際バラとガーデニングショー」のコンテンツのシンボルゾーンは、
・「プリンセス・ジャルディエ」の小さなシャトーの花の庭
・プロヴァンスの風に吹かれて
・バラの村のくらし
・パリのエスプリが息づく庭
などがありましたが、下記の写真がどのゾーンの写真だったか定かではないのです・・・・

こんな街に住めたらすてきだろうな~~~と思った街角風景写真です。

街角1

街角2

街角3

街角5

街角6

街角7

国際バラとガーデニングショー パート3

05/23
>「おフランス」の香いっぱいのディスプレイ

今回のテーマ、「おフランス」のエスプリを堪能できるステキなディスプレイを集めました。


パリでみかけたお花屋さんみたい~~。
こんな雰囲気の小さなお花屋さんをやってみたいな~~~sc06
お花屋さん


う~~っ!まいりました!
この紫の濃淡のサテンの色使い! 一歩間違えばちょっと危ない雰囲気になりそうですが、なんとも妖艶なアロマを放っています。
ディスプレイ


下の2つは、Sweetsのお店のディスプレイのようで、とても美味しいスイーツを売っていそうな感じがしませんか?
白いツール類とバラ、色の濃いランプシェード・・・洗練されたディスプレイです。
白いツール


これもまた、淡い色のスイーツと淡い色のバラ、黒の小物が引き締め役でとってもステキ。
ディスプレイ


フレンチカントリーのお店のよう。
カフェオレボールもかわいい~~~あ
実際に、どこかのお店のディスプレイで販売もしていました。
ディスプレイ5


上のお店の商品の一つ
確か「バラの村の暮らし」コーナーにあったのだと思うのですが、建物から雑貨までフランスの田舎町を思わせる雰囲気でした。
ただ、実際にそこで物販をするのもどうかと思わないではなかったのですが、雰囲気がすっかり溶け込んでいて、下の写真のようなペチコートでさえ買って身につけてみたい気にさせられましたうる
ディスプレイ6


国際バラとガーデニングショー パート2

05/22
国際バラとガーデニングショーも毎年行くたびに興味を惹かれる対象や、見方が違ってきます。

「お好み食堂」なお庭しか造れていないレディ・ゴディバとしては、やはりセンスの良いお庭作りに憧れる訳で・・・

まずは、ベランダガーデンで気になった2つ

ベランダガーデン1

ベランダガーデン2

ベランダだけでなくお庭にも取り入れられるアイデアですよね。
ちょっと座ってくつろげる場所とかがみこまなくても手入れのできる花壇・・・・憧れます~~~アップロードファイル

次は、お庭いろいろ~~~

ガーデン1

ガーデン2


「和」の雰囲気のお庭2点。
上は、苔むしたしっとりした雰囲気で落ち着きますね~~。
下は、植えている植物もシルバーリーフやブルーのお花、グラス類を取り入れたりして爽やかな「和」・・ アイデア次第で同じ「和」でも雰囲気を随分帰られるものだと感心!

ガーデン3

ガーデン4


なんとなく我家の庭に通じるものがあります。
賑やかなお庭~~~。
色とりどりでもやっぱりステキじゃな~~い!

ガゼボ

かっ~~~アップロードファイル 前の人~~!せっかくタイミング見計らって待って、待ってシャッター切ったのにぃ~~~!順番まもってよ~~!

写真を撮っている人の携帯と腕と頭がないものと考えてくださいね。

こんなにバラの絡まってるガゼボがお庭にあったらな~~~。
白いコットンのレースのドレスを着てぇ~~、白いレースのクッションに持たれ、お茶とお菓子をいただきながら読書したいな~~。
なんて年甲斐もなく夢見てしまいそ~な程、ステキでした。

お土産バラブーケ

05/21
お土産


日曜日にお庭を見に来てくれたお友達へのお土産で~す。
バラがいっぱい切れる今の時期、お土産ブーケが2つできました。
アップルミントや、ナツメグゼラニュームも入れて「香のブーケ」になりました~~~アップロードファイル

宿根草たちが頑張ってます。

05/21
この子は開花まで本当に時間がかかります。

アストランティア


アストランティアちゃん
5月1日5月9日に引き続き、3回目のアップなのですが、最初にアップしたときは、蕾が1つ、そして本日現在が上の写真。
なんと約3週間かかってます。
(日付の色が変わっている部分をクリックするとその日の記事に飛びますよ。確認してみてくださ~い)
そしてこの子は咲いてからも随分長い間持ちます。とっても長生きなお花です。そうこうしているうちに白のアストランティアちゃんも顔をだし始めました。
丈夫な宿根草なのになんで切花だとあんなに高いのだろうと思っていましたが、理由がやっと納得です。完全開花までこんなに時間がかかるのだからお花屋さんで切花で買うと高価なわけだわ。



レースフラワー


宿根草ではないのですが、アストランティアに引き換え、成長が早いのはこのレースフラワー。
どんどん背が伸び、蕾もどんどん大きくなります。
しかもお花もたくさんつきます。
虫さえつかなければな~~~。
お花のアレンジの名脇役なのです。


アリストロメリア

アリストロメリア2


アリストロメリアちゃんは、どんどん地下茎で勢力を拡大中!
秋も冬も新しい芽はどんどん出てくるのですが、花芽をつけるのはやはり春なのね~~~。
秋にも咲いてくれるのですが、蕾が虫に食害されあまり綺麗に咲いてくれなかったなぁ。
今の季節は大丈夫のようです。

ウイリアム・モーリスがスゴイことに!!!

05/21
我家でやたらと元気なバラの1つ、ウイリアム・モーリス君(イングリッシュローズ)が満開に近い状態で、たわわに咲いています。
これは、花がら摘みが大変ですっ!
こんなに一度に開花しなくても・・・順々に長い期間咲いてくれてもよいのよ~~~。

今年は1枝に蕾が10個前後付くという異例な年になりました。
ゆえ、迫力がスゴイですえぇ

ウイリアム・モーリス2

ウイリアムモーリス

このバラのシックさに憧れる~~

05/21
先日シュートを折ってしまい、ヘコんでいましたがお花が咲いて気持ち復活っ!

ジュリア1

ジュリア2

ジュリア3

ジュリア4


あ~~、素敵、すてき、ステキ~~~
楽しみにしていたのですぅ~~。
初めてお顔をみれましたっ!
う~~ん、シックでエレガントぉ~。ため息・・・
特に蕾がなんともいえない!
写真1番上から一番下まで速度が速すぎるのがちょっと悲しいけど。
1日です、たった1日。
でも開花したあのウェービーなドレスの裾のような形もステキ。
「レディー」だわんハート

秋にはもう少し時間をかけて咲いてくれるといいなぁ。

国際バラとガーデニングショー

05/20
行ってきましたよ~~、アップしますよ~~

今年のテーマは「おフランス」(何故だか、フランスだと"お”をつけたくなってしまう私・・)

宜しいよ~な、宜しくないよ~な・・・規模も縮小されていたような~
展示されているバラの種類が例年より少ない気がしました・・・
「スウィートローズアヴィニュー」もピエール・ド・ロンサーヌとバロン・ジロード・ランが殆どで・・・種類が少ない???
「フランスのナーサリー」ということでギヨー、メイアン、デルバール、ゴジャールのバラが並んでいたのは、普段、あまり見れないのでちょっと嬉しかったですが・・・

ご報告第一回目は、コンパクトに行ってみま~す。

まず、ハンギング! ハンギングにはあまり興味の無かった私ですが、というより、ハンギングをセンス良く作れる自信がまったく無いので目が行かなかったのか???
でも今回、見て回って「素敵~~」と思うものがいくつかありましたのでアップしま~す。

爽やかで、涼しげなお色が気に入ってしまったハンギング

ハンギング1


グリーンが多く自然でしっかりした感じが好きかも~~

ハンギング2


動きのあるグリーンの多様使いが素敵

ハンギング3


この3つのうち、どれか一つプレゼントしますって言われたら・・・
う~~ん、悩んじゃうな~~~
3番目かな~~???
(って、無駄なこと悩んでよろこんでます。)


各所に置かれていたバラのアレンジ! どれもこれも綺麗~~

ピンクに淡いグリーンと斑入りのグリーン・・若々しい雰囲気で素敵
アレンジ1

アレンジ2



お庭で育てれるバラの中にはこういった微妙な色合いのバラって少ないですよね。 あっても育てるのが難しかったり・・・

個人的には、こういうお色の組み合わせが大好きですっ

淡いグリーンとペッパーベリーをあわせて・・・
アレンジ3


そうそうシルバーの葉も合います。
アレンジ4


今回のテーマローズ、バロン・ジロー・ドゥ・ランやウイリアム・シェイクスピア2000などのクリムゾン系ばかりを集めたアレンジ。
妖艶でインパクトがあり、とっても目を惹かれました。
ピンク系が多い、私のバラコレクションにこれらの色を増やしたいと改めて思いましたっ
アレンジ5

アレンジ6

このバラがやっと1輪だけ咲きました

05/20
やっと咲いてくれました~うる


ア・シュロップ・シャイヤー・ラッド2

ア・シュロップ・シャイヤー・ラッド


でも、お花が小さく、お色も形もちょっと違う~~!
私の大好きな「ア・シュロップ・シャイアー・ラッド」(イングリッシュローズ)です。
「強健種で生育旺盛」のはずなのですが・・・
ウイリアム・モーリスの横に植えたアブラハム・ダービーのように、ジェフ・ハミルトンの横に植えたこの子もお花があまり咲きません。
背丈は2m程になっているのですが、シュートも出ず、枝数も増えず・・・ 今年は1輪だけ・・・しかも小さいっ!

本来のお花は、私のプロフィールで使っている写真なのですが、今年の花はなんだかウイリアム・モーリスの小さい版みたいなお花・・・
とほほ~~ですよっ!まったくっ!
何がいけないのかなあ~?絵文字名を入力してください

新雪


新雪、雨にもマケズ・・賑やかになってきました~~~はーと3つ


アルベリック・バルビエ


バルビエ:しなやかな枝を何メートルにも伸ばすので低いフェンスに誘引し、端で折り返し・・2重に3重に誘引してあります。
蕾は開き始めの蕾はクリーム色で形も端正なHT系の蕾のようなのですが、すぐ開ききり、その姿はあまりお行儀が良くないのです。

バラの新しいシュートがっ!

05/19
あ~~~、バカバカ、私のバカ~~~~マジですか

シュート


去年新苗でお迎えし、まだまだひょろひょろのつるジュリア。
今ある枝より太いシュートを出してくれたのに、私の不注意で根元から折ってしまいましたぁガビーン
泣きそ~ですぅ。

すっごく太かったので「早めに誘引しないとどうにもできなくなる~~~!」と思い、「あっちに誘引しようかこっちかな?」とちょこっと動かしてみたら、なっなんと、折れてしまいましたっ!

新しいシュートのなんとか弱く、やわらかいことか・・・・
そう言えば、去年もウイリアム・モーリスのぶっといシュートが3本も強風にやらて折れたんだっけ。

あ~~、私のばか~~~タラ

ピンク系以外のバラ達

05/19
こんなに素敵になるとは~~

バラアレンジ1

バラアレンジ2


ピンク~アプリコット系のお色のイングリッシュローズにばかり目が向いていたのですが、派手目系のお色のバラも合わせてみるとすっごくいいかもぉ~~~~うる

クリーム色:アルベリック・バルビエ
赤    :アンクル・ウォルター
黄    :サハラ
アプリコット:笑み

アルベリック・バルビエもアンクル・ウォルターも咲くとそっくり返り、お行儀が良いとは言いがたいので、切花で楽しもうという気がまったく起こらなかったのですが、蕾のころだとこんなに素敵

今まで気がつきませんでしたぁ~~~。
もっと丁寧に観察し、愛でてあげないと・・・反省!

国際バラとガーデニングショウ

05/19
国際バラとガーデニングショーに行ってきました~~♪


前日から、ソワソワ、ワクワクsc06

・「Wish リスト」の見直し よ~し
・デジカメの充電 よ~し
・念のため、携帯のminiSDのスペース確保 よ~し
・書きやすいメモ帳とペン よ~し
・両手がフリーになるよう、斜め掛けバック よ~し
・遠くのものが見えるよう眼鏡 よ~し
・お買い物した時用 サブバッグ よ~し
・おやつ よ~し
・ウエットティッシュ よ~し
・チケット よ~し
・目覚ましセット よ~し

準備万端整え、いざ~~~
興奮していたせいか、目覚ましを1時間早くセットしてしまっていました・・
「な~んだ、まだ1時間寝れるわん」と思いながらも二度寝できず起きてしまいました。

西武球場前までは、なが~い道のり、駅のコンビにでおにぎりも仕入れ、順調に・・・同行の方達とおしゃべりしながら遠足気分スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
だんだん、「あっ!お仲間ね」と思えるような女性達が車内に増えるにしたがい、気分は高まってきます。
駅に着き、改札に向かう足取りも速くなります・・・・ワクワク
改札を抜け、ドームに向かうと既に苗を抱えた人とすれ違い・・
わぁ~~~焦る~~~!
もう興奮はピークに達して駆け出しそうになり・・・・

というようなテンションの高さで1日を過ごし、ちかりた~~~!(「疲れた」の意)
とっても疲れました。 写真はイ~~ッパイ撮ってきましたので順次アップしま~~す。
まだ整理でききれてませんので、追ってということで・・・
失礼しました~~~

ばっ、バラが~~~

05/17
今日の雨でバラが~~~、随分散っちゃいました

バラの花がら


花びらが痛むは、触ったらポロポロ落ちちゃうわ・・・・
明日は、「国際バラとガーデニングショー」の出かけちゃうのでお庭の手入れもできません。だから明日あたり散りそうなのも1つ1つ触って確認し、切ってしまいました。
こんなに花がらが・・・・・
これは、ジェフ君と新雪のみ、もう1鉢は、サハラとウイリアム・モーリス、アンクル・ウオルターでいっぱいに・・・
花の命は短いですこと~~泣き顔
「命短し恋せよ乙女~~~ちな♪
フリーエリア
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
04 ≪│2007/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。