Archive | 2009年02月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なリゾート・クラビ編

02/17
感動が新鮮な内に更新しようと思いつつ・・・

寒い季節はバイクに乗らない軟弱者の我ら夫婦は、休日はもっぱらお庭仕事が
待っているのでございます。 主人が手伝ってくれるので大掛かりなリノベーション
なんぞ(大したことでもないのですが)に手をつけれるのがうれしい。

と言うわけで更新が遅くなってしまいました。

クラビ編パート2.Rayavadeeのおインテリア&インテリア小物編です。

まずは、あのキノコのようなヴィラの玄関ドアを開けると目に飛び込んでくるのは・・・

このどっしりとしたナチュラル素材のソファー。 
なんと天井から吊り下げられているのでユラユラゆれるのです。

Rayavadee 1F-1

そしてソファの後ろから玄関ドア脇に設置されたTVキャビネットの眺め。
もちろん、ドアを閉めるとTVはすっぽりキャビネット内に収まり無機質な姿は、見えなくなります。
Rayavadee 1F-2

TVキャビネットに向かって右手に小さなテーブルと椅子が。
そしてテーブルの上にはフルーツ。 毎日色々なフルーツが置かれています。
フルーツの下の木の箱にお皿とナイフ、フォーク、そしてナプキンが収まっているので見た目はすごくスッキリ

Rayavadee 1F-3

玄関ドアを入って直ぐの右手に置かれているコンソールテーブル
取っ手の付いてるバスケットにタオルやお水を入れてビーチやプールに行きます。
リゾートの名前が入った布袋とかじゃなくってバスケットって・・・オシャレでございます!
しかもお部屋に置いてある時も可愛いインテリア小物の役割を立派にはたして・・
リゾート内で履くサンダルも用意されています。
Rayavadee 1F-4

そしてこれが、私が最高に感動したキャビネット
この写真だと普通ですが・・・
Rayavadee 1F-6

右の方にトレーがありカップ、コーヒーポット、美味しいクッキーが・・(アジアの洋菓子をバカにしていた私・・・反省! リゾートのパティシエ手作りクッキーで美味しい!
クッキーが入っているボトルも可愛いでしょう?蓋の取っては、黒のアイアン。
どの小物にも手抜きがありませんっ
Rayavadee 1F-7

そして・・・じゃ~~ん!!
トレーの右上の角がキャビネットに固定されていて、そこを軸にトレーが動くのです!
Rayavadee 1F-8

でトレーの下には・・・
お水やグラス、ティシュ、ワインオープナー、コーヒー豆、ティーバックなどなどがすっぽりと
収まっているのです。 
これなら見た目もすっきり、ホコリもつかず。 すごいアイデアだと感動してしまったのです。
Rayavadee 1F-9

1Fのお手洗い
なんでお手洗いの写真まで・・・と自分でも思いつつ、やはり手抜きのないしつらえに思わず・・
便器の蓋、壁、ティッシュケースなどなどウッディーにまとめ上げられているのです。
そしてティッシュボックスを置くのだって、安直にテーブルとかじゃなくなんとも色の素敵な焼き物の
壷! 参りました~~と思ってしまいます。 どこまでも気を抜かず素敵すぎ。
Rayavadee 1F-10

1Fお手洗いの手洗いボールもなんと焼き物。
ソープトレイは石、ソープはハーブたっぷり。
Rayavadee 1F-11

その下は・・・(そんなトコまで撮るか!と言われそうですが)
木の舟のような形の器にタオルとお花が。白い物体がタオルを丸めたもの。
そして左に見える丸い容器が蓋つきゴミ箱。 ねっ!小物にも気配りkバッチリでしょう!!
Rayavadee 1F-12

最後にトイレットペーパーホルダー。 これも木製。
上の部分は蓋つきの小箱になってます。
Rayavadee 1F-13

次は2Fをご紹介しますね~~
って本当に写真をたくさん撮ってしまいましたが、Rayavadeeのヴィラは
本当にホテルのような感じではなく、誰かが愛情をもって作り上げた誰かの
我家のような錯覚に陥るのです、
自然素材以外のものは、可能な限り自然素材の家具の中にしまいこみ、
見える部分は殆ど木。
ホテル独特の冷たいほどの整然とした感じが全くせず、
今まで泊まったホテル、リゾートの中でも最も素敵だと思ったホテルの一つです。
これらのアイデアは、自宅でも生かせれれば良いのですが・・・
ここまで徹底して統一感のあるインテリア、小物を探し出す忍耐がございません
やはり手抜き素敵な部屋作りの大敵でございますね。
アタクシのお庭も同じようなものです。 ゆえ「お好み食堂」的ガーデンになってしまうのですね。
スポンサーサイト

素敵なリゾート

02/05
とても素敵なリゾートに行ってきました。
今回は、タイのクラビとプーケット・・・ゆる~~い空気が流れていましたニャハ☆
ブログ名に「優雅」を掲げているアタクシといたしましては、「優雅なリゾートライフ」を過ごしたいと考える訳ですが、多くの日本人の例にもれず、ゆったりのんびり過ごすのが下手です。
ついつい、あれこれ見たり、したりしてないと落ち着かない・・・
毎日スパ三昧、好きな音楽を聴きながらゆっくり本を読み、食べたいときに食べたいものを食べ、寝たいときに寝て・・・と思いっきり自分を甘やかすのが「優雅なリゾートの過ごし方」なのでしょうが・・・

そいういう過ごし方をするのにぴったりのリゾートに行ってきました~~。
まずは、クラビにあるラヤバディ(Rayavadee)。
クラビは初めてだったのですが、こんなに素敵だとは!
デカプリオの映画、「ザ・ビーチ」がこのエリアにあるピピ島が舞台になっていました。
景観はまさしくあの通り、切り立った崖、白いビーチ、遠浅に美しい海・・・・うる(写真暗くてスミマセン。夕方で、光が少なかった)
景色1001
景色1001-2

タイの中では、日本人観光客の少ないデスティネーションである上に、この時期は太陽を求めてヨーロッパからの旅行者が多く、日本人を見かけることは殆どないのです。
バンコクからの国内線もフランス語、ドイツ語の他、何語かわからない言葉(北欧系)が飛び交ってました。
景色1001-3

私が滞在したラヤバディは・・・・
陸地にありながら、リゾートには船でないと行けません。
それも素敵なのです。
朝、早起きできれば海からの日の出も見れ、反対側のビーチからはもちろん美しいサンセットが見れるのです
サンセット1001

そして、そして・・・ラヤバディはお部屋が本当に素敵で、ホテルというようり別荘のような感じ。
全室2階建てのヴィラタイプ。(スイートは別)
広~い敷地内にキノコのようなヴィラが点在していて、まるで童話に出てきそうな感じです。

これが、私が泊まったヴィラ。
1階部分がリビング&トイレ。
2階部分がベッドルーム&バスルーム、トイレ
ヴィラ1001-1

ヴィラの玄関脇には木製ガーデンテーブルのセット。
写真右の方、玄関扉の直ぐ左にある木製の縦長の箱は、傘入れ。
これっていいアイデアだと思いません?? すっきり片付くし。

Room1001-14

ガーデンテーブルの上には、アイアン製の灰皿。
インテリア小物にも手抜きはありません
ヴィラ1001-4

そして各ヴィラについている足洗い場。
この水栓も黒いアイアン製で、荒縄みたいなのがアクセントになっていて・・・
自分のお庭にも取り入れたいアイデアです。
ヴィラ1001-2

室内のインテリアもインテリア小物も本当に全部がうまく溶け合っていて、凄く吟味されているなと
思わせるセンスのよさ。
インテリア雑誌に載っていそうな感じです。
どれもこれも、取り入れたいアイデア満載のお部屋なので
思わず細かいアレコレまでシャッターに収めてきました。

画像の数が多いため、何回かに分けてブログにアップしたいと思います。
インテリア関連ブログと化しますことご了承くださいね笑


フリーエリア
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。