FC2ブログ

素敵なリゾート・クラビ編

02/17
感動が新鮮な内に更新しようと思いつつ・・・

寒い季節はバイクに乗らない軟弱者の我ら夫婦は、休日はもっぱらお庭仕事が
待っているのでございます。 主人が手伝ってくれるので大掛かりなリノベーション
なんぞ(大したことでもないのですが)に手をつけれるのがうれしい。

と言うわけで更新が遅くなってしまいました。

クラビ編パート2.Rayavadeeのおインテリア&インテリア小物編です。

まずは、あのキノコのようなヴィラの玄関ドアを開けると目に飛び込んでくるのは・・・

このどっしりとしたナチュラル素材のソファー。 
なんと天井から吊り下げられているのでユラユラゆれるのです。

Rayavadee 1F-1

そしてソファの後ろから玄関ドア脇に設置されたTVキャビネットの眺め。
もちろん、ドアを閉めるとTVはすっぽりキャビネット内に収まり無機質な姿は、見えなくなります。
Rayavadee 1F-2

TVキャビネットに向かって右手に小さなテーブルと椅子が。
そしてテーブルの上にはフルーツ。 毎日色々なフルーツが置かれています。
フルーツの下の木の箱にお皿とナイフ、フォーク、そしてナプキンが収まっているので見た目はすごくスッキリ

Rayavadee 1F-3

玄関ドアを入って直ぐの右手に置かれているコンソールテーブル
取っ手の付いてるバスケットにタオルやお水を入れてビーチやプールに行きます。
リゾートの名前が入った布袋とかじゃなくってバスケットって・・・オシャレでございます!
しかもお部屋に置いてある時も可愛いインテリア小物の役割を立派にはたして・・
リゾート内で履くサンダルも用意されています。
Rayavadee 1F-4

そしてこれが、私が最高に感動したキャビネット
この写真だと普通ですが・・・
Rayavadee 1F-6

右の方にトレーがありカップ、コーヒーポット、美味しいクッキーが・・(アジアの洋菓子をバカにしていた私・・・反省! リゾートのパティシエ手作りクッキーで美味しい!
クッキーが入っているボトルも可愛いでしょう?蓋の取っては、黒のアイアン。
どの小物にも手抜きがありませんっ
Rayavadee 1F-7

そして・・・じゃ~~ん!!
トレーの右上の角がキャビネットに固定されていて、そこを軸にトレーが動くのです!
Rayavadee 1F-8

でトレーの下には・・・
お水やグラス、ティシュ、ワインオープナー、コーヒー豆、ティーバックなどなどがすっぽりと
収まっているのです。 
これなら見た目もすっきり、ホコリもつかず。 すごいアイデアだと感動してしまったのです。
Rayavadee 1F-9

1Fのお手洗い
なんでお手洗いの写真まで・・・と自分でも思いつつ、やはり手抜きのないしつらえに思わず・・
便器の蓋、壁、ティッシュケースなどなどウッディーにまとめ上げられているのです。
そしてティッシュボックスを置くのだって、安直にテーブルとかじゃなくなんとも色の素敵な焼き物の
壷! 参りました~~と思ってしまいます。 どこまでも気を抜かず素敵すぎ。
Rayavadee 1F-10

1Fお手洗いの手洗いボールもなんと焼き物。
ソープトレイは石、ソープはハーブたっぷり。
Rayavadee 1F-11

その下は・・・(そんなトコまで撮るか!と言われそうですが)
木の舟のような形の器にタオルとお花が。白い物体がタオルを丸めたもの。
そして左に見える丸い容器が蓋つきゴミ箱。 ねっ!小物にも気配りkバッチリでしょう!!
Rayavadee 1F-12

最後にトイレットペーパーホルダー。 これも木製。
上の部分は蓋つきの小箱になってます。
Rayavadee 1F-13

次は2Fをご紹介しますね~~
って本当に写真をたくさん撮ってしまいましたが、Rayavadeeのヴィラは
本当にホテルのような感じではなく、誰かが愛情をもって作り上げた誰かの
我家のような錯覚に陥るのです、
自然素材以外のものは、可能な限り自然素材の家具の中にしまいこみ、
見える部分は殆ど木。
ホテル独特の冷たいほどの整然とした感じが全くせず、
今まで泊まったホテル、リゾートの中でも最も素敵だと思ったホテルの一つです。
これらのアイデアは、自宅でも生かせれれば良いのですが・・・
ここまで徹底して統一感のあるインテリア、小物を探し出す忍耐がございません
やはり手抜き素敵な部屋作りの大敵でございますね。
アタクシのお庭も同じようなものです。 ゆえ「お好み食堂」的ガーデンになってしまうのですね。
スポンサーサイト



Comment
素晴らしいリゾートです
私も数年前にラヤバディに行きましたが、昨今、開発が続くタイのビーチエリアの中でも、手つかずの自然が残る素晴らしいリゾートです。
このリゾートへは、船でした行くことが出来ないのですが、到着時が丁度引き潮だったので、ビーチより数十メーター離れた所で船を降り、そこからトラクターにひかれた貨車のような乗り物で、潮が引いた海岸線を揺られてチェックインした事を思い出します。
アップされている写真の1つ1つを見る度に、久しぶりにのんびりと過ごした休暇ラヤバディを懐かしく感じます・・・また、是非とも行きたいリゾートの1つですv-221
行ってみたいリゾート、ラヤバディ!
ラヤバディはすごくいいリゾートだと、新婚旅行で行った友達から聞いていました。とにかく別世界に入ったかのような風光明媚な場所のようですね。私も行ってみたい~!!ロッククライミングなんかも出来るって聞きました。キノコ型のヴィラも雰囲気を醸し出していますね。ゆったり過ごせそうなので、今度家族で行ってみたいと思います。
hirahiraさん
そうなのです。まさしく別世界! お子様がいるファミリーにもぴったりです。
1棟ずつが離れているので、泣こうがわめこうがあばれようが、近隣を
気にする必要もないですし、海は遠浅で綺麗だし、敷地が広いので遊ぶところ
いっぱい、。お子様預けて、大人はスパ三昧も可能ですよ~~~。
tosさん
私も、今回ビーチより数十メーター離れた所で船を降り、そこからトラクターにひかれた貨車のような乗り物で、潮が引いた海岸線を揺られてたどりつきました、
”ドナドナド~ナ、ド~~ナ~~”を心の中で歌いつつ・・・市場へ引かれていく子牛
の気分が味わえます。
それにしては、ゴージャスなトラクターでしたが。
またのんびり行ってみたいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック