| 

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハーサル

08/31
ハープの音色って本当にすぅてぇきぃ~~~

前出のFabius氏率いるCeltic Harp Orchetraのメンバー7名が
新潟県十日町市と姉妹都市の北イタリア、コモ市より来日。
今回は十日町市で親善コンサートがあるのです。
私のハープの先生もFabius氏に誘われ、ゲスト演奏をすることになり
先生宅にてリハーサルとのことでお茶やランチの準備のお手伝いに
馳せ参じました。
本音は、生でしかも至近距離でハープ8台の演奏を聴きたい!との
思いです。

ハープが8台並んだだけで既に圧巻です!


DSCN4286.jpg

ご一行様とうちゃ~~く。
とりあえず、一息ついていただきましょう。

それにしても・・・・
写真正面で右手にグラスを持って座っている一番年配っぽい
感じのオジサマ、似てる!とっても似ている!

誰にかと申しますと、以前イタリアに行った際に泊まった
アッシジ近くのアグリツーリズモのお宿のオジサマに、すんごく
似ているのです。

DSCN4291.jpg

いよいよ連取開始!
エアコンをつけていても熱気でムンムンのよです。

皆さんが到着してから急遽、演奏することにきまった
「蛍こい」をFabius氏が即興でアレンジ。
徐々に音に厚みが出てきて・・・1時間程ですんばらしい
「蛍こい」が出来上がりました。
過程を聴いているだけで感動しまくりです。

DSCN4298.jpg

先生のお宅の愛犬ウナちゃんも親睦に一役買っています。
美人のウナちゃんはたちまち人気者に!

DSCN4301.jpg

真夏の夜のライブ

08/29
へ~~~っ、こんな音楽になるんだ~~
と、ちょっとびっくりの体験をしてきました。

場所は渋谷のKAFFE Orobianco
トランペット + ギター + ハープ = 喜多朗音楽(環境音楽?)でした。

全ての楽器をアンプに繋げて・・・かなり即興っぽかったです。
アレンジ如何にもよると思うのですが、なんだか宇宙から何かが下りてくる??
あるいは、壮大な宇宙に飛び出してゆく??的な(って私の感性なので
旨く伝わると思えませんが)そんな音楽でした。

DSCN4279.jpg

こちらは、8月中に来日なさっていたハーピストのFabius Constable氏。
彼がソロで弾いた「グリーンスリーブス」を聴いてほっとしたのは私だけでしょうか??

DSCN4284.jpg

梅ジュース

08/09
暑いっ!

言ってもしょ~がないし、涼しくなるわけでは
ないけれど言いたくなります・・・・



暑~~~い~~~~!!

こんな暑い時には・・・

じゃ~~ん!
今年は梅ジュースを作りました~~~

ソーダ水で割ると美味しいの~~~
炭酸が好きではないので、殆ど飲まない私ですが、梅ジュースを
割るには炭酸水がベストマッチなのです。

DSCN4268.jpg

あまりの美味しさに、2回作っちゃいました。

左側の色の薄いほうが氷砂糖と白糖、
右側の色の濃い方には、砂糖の半量分をはちみつを使ってみました。

結果・・・

どっちも美味しいですっ!
はちみつを入れた方は、はちみつの香りがほのかに香ります。
お砂糖類だけの方は、純粋に梅の香りです。

あっ、クエン酸効果を期待して、どちらにも米酢を加えてますが、
出来上がりのお味にはお酢の香りやツンとするあのお酢どくとくのすっぱさも
全くなく、お酢を使っているとは思えません。

DSCN4270.jpg

漬かった梅も、実の部分がトロ~~りとしていて、
梅の香りもしっかりしていて美味しいですよ~~。

1kgでは大した料のジュースにならず、2kg作ったのですが、
あまりにも美味しかった(自我自賛)ので押し付けがましく
皆様におすそ分けしてしまいました~~~~
今年の夏は、梅ジュースで乗り切りたいと思います。
DSCN4272.jpg

あと、カサブランカの涼やかな姿と香りがあれば、
この蒸し暑さもしばし忘れれます。

DSCN4273.jpg

来年も梅ジュース仕込もっと!

弘前フレンチ

07/24
フレンチ堪能!

7月3連休の旅行は夫が計画してくれたもので、青森の情報に
疎かった私はさっそくガイドブックを紐解いてみました。
するとな、な、なんと弘前はフレンチレストランが多いことで有名
というではありませんか!!


しっ、知らなかった!



うかつだった!



ノーマークだった!!!



これは逃せないではありませんかっ!!



以前は、アジアン、エスニック、イタリアンが好みでしたが
数年前から日本で頂くフレンチが大好きになった私としては、
今回の旅行中毎日でもフレンチを頂きたい!!


しかし奥入瀬や十和田湖周辺に宿を取っていたので、チャンスは行きと、
帰りの2回のみ!
さっそく食べログでチェ~~ック!



初日に伺ったのは「シェ・タテヤマ」という一軒家のレストラン。
飛行機降りて即電話して予約しましたとも。

夜は、ホテルでの食事でスタートは18:30と早めなので
ランチは軽めにしないといけないのが残念でした。

まずは、スープ。
地元で取れるあさりのチャウダー
コクがあり、美味しかったです。

DSCN4127.jpg


チキンのポトフ

DSCN4128.jpg

ポークのソテー

20130703-2.jpg

デザート3点盛り

DSCN4130.jpg

最後は紅茶で締めくくり、ご馳走~様でした
そこそこ美味しく、お値段以上の価値はありました。


そして最後の日。
空港へ向かう途中、やはりフレンチが食べたく、弘前を経由して
帰ることに。

今回伺ったのは「シェ・アンジュ」
こちらも一軒家レストランでした。

この日は、帰る日なので夕食が早いなどと、お腹の具合を
心配する必要がなかったのでシェフおまかせコースをお願いしました。

このセッティング!
カトラリーの数を見ても、どんなものが頂けるのかワクワクしてきます。

DSCN4222.jpg

まずは、アントレ
(あっ、そう言えば弘前フレンチは、この2軒しか伺ったことが
ないですが、アミューズってでてきませんでした。 結構楽しみにしているのになあ。)

牛肉のカルパッチョ
うわぁ~~、このレストランは正解だったかも!と思わせる
アントレです。
クリーミーなソースと少し甘さと酸味がるソースの
爽やかな組み合わせ! 
美味し~~~
DSCN4224.jpg

私が選んだスープは、りんごのスープ
さすが青森、りんごの冷製スープですと。
う~~ん、微妙~~~~
いや、美味しいのですよ。 
でもスープというより・・デザート??

でも美味しかったのです。

DSCN4226.jpg

夫のチョイスは、王道のコーンポタージュ。
一口お味見・・・美味しかった~

DSCN4225.jpg

この日のお魚料理は、ヒラメのソテー。

DSCN4229.jpg

お肉料理は・・・子羊の骨付き肉。
子羊は久々にいただきました。

DSCN4231.jpg

デザートは、「少しずつたくさん」。
チョコレートタルトが濃厚で美味しかった~~~

DSCN4234.jpg

コーヒーとプティ・フールで締めくくります。

プティフールは、アーモンドのクッキーとワサビの生チョコレートとの
ことでしたが、ワサビは然程効いておらず、普通に美味しい生チョコレートと
していただきました。

DSCN4235.jpg

美味しいものを頂くと幸せになりますね。


田んぼアートに度肝ぬかれました。

07/23
実物は凄い!

7月3連休の旅行は陸奥青森でした。
しかし、利用航空会社を限定していたため、利用空港は
秋田の大館能代空港。
奥入瀬から弘前を経由して空港に向かう道中、田舎館を通ります。
そっか~~、田舎館と言えば田んぼアートでしたね。


せっかくなので展望台に登って見ました。


こちらが最初に立ち寄った第2会場。


度肝抜かれました


期待以上ですっ!
後で紹介します第一会場のほど複雑なモチーフではないのですが、
展望台から見ると本当に飛び出してくるような錯覚を覚えるほど
遠近感が考えられていて迫力なのです。

DSCN4207.jpg


ウルトラマンの右側。
当然、1枚の写真には収まりきりません。

DSCN4208.jpg

こうなったら第一会場にも立ち寄らない訳には行きません。

「第一」という位だから、こちらがメインでしょう!
イヤが上にも期待感が高まります。

じゃ~~ん!

引きでとった画像です。
周りの建物などと比べるとその巨大さがわかります。


花魁です。 迫力はといいますと、何故か先ほどのウルトラマンほど
臨場感が感じられませんが、しか~~し・・・・


DSCN4215.jpg

アップ画像です。

着物や帯の柄まで細かく描かれて(植え分けられて?)います。
すんばらしいです。

後ろの太鼓橋も立体的で、驚きです。
DSCN4221.jpg

道路を挟んで右側は、マリリンモンロー

何故、モンロー??

テーマは、東西セクシーレディー対決??


DSCN4218.jpg



影もつけてあり、立体的です。

DSCN4219.jpg

これらは、飛行機から見えないのかなあと思ったのですが、
展望台から見るということで角度を計算して植えられているので
空の上からみたらと~~~っても変な絵になりそうです。

田んぼアートは稲かりの頃までみれるようです。
色が変わってゆく様子も見届けたいです。

ジュラシックパーク??

07/20
ここはどこ?

野性味溢れるこの緑、緑、緑!

DSCN4179.jpg


驚く程大きな葉の植物とシダ類。
太古の昔から進化などまったくしてなさそうなこの風景。
恐竜とか出てきそうです
DSCN4162.jpg


ハワイ島の奥地に迷い込んじゃった??

DSCN4148.jpg

でも上を見上げると・・・・

南の島では見られないだろうカエデの葉が・・・

DSCN4177.jpg


でも視線を戻すと・・
やはり何とかザウルスとかが絶対どこかから
大きな口を開けて出てきそうな気がする~~~~

DSCN4148.jpg

さて、これらはどこの写真でしょうか???


同じくこのエリアには、

こんな所も。。。

20130714-1.jpg

こんな景色も、

DSCN4142.jpg

こんな苔むした、風情のあるところもあります。

DSCN4140.jpg

で、視線を変えればこんな様子も見れます。

DSCN4146.jpg

川の中にある石?にフキが生えている!

DSCN4137.jpg

木漏れ日の中に輝く水面と、深い緑・・・
涼しげです~~
DSCN4134.jpg

映画とかだと、何とかザウルスとかに追われたヒーロー、ヒロインが
森の中で見つける滝のようでしょう??
そしてこの中にザッブ~~ンと飛び込んでお水を飲んだり
体を洗ったりしていると、今度は空から巨大なティラノサウルスみたいなのが
襲ってきたりするわけですよ~~~

DSCN4168.jpg

などなど、




今更ながらのコメントですが。
緑や水の音に癒されてまいりました。



夫が計画してくれた旅行で奥入瀬渓谷を歩いてまいりました。
夫が計画してくれなければ、多分自分からはこの方面に旅行プランを
立てることはなかったでしょう。
何故かはわかりませんが、今の所、特に心の琴線に触れていた
デスティネーションではなかったのです。

しか~~し! なんて素晴らしい所!


そうです。ここは陸奥、青森でございます。

前世で太古の昔に生きていたかどうかは不明ですが、
「太古の昔」の自然はこんなだったのだろうと
想像をたくましくします。


だいたい、葉っぱがでかい!って時点で
かなり野性味ありませんか??

DSCN4165.jpg

DSCN4163.jpg



奥入瀬渓谷のルート14kmのうち、10kmを歩いてみました。


「奥入瀬」とは奥に入るほど瀬が多くなるということかあ
ついた名前らしいです。

様々な「瀬」の風景に出会いました。


まず、歩き始めポイントの「石ケ戸」。

その名の由来になった大きな岩。
木に支えられているそうです。
その昔、旅人を襲う女盗賊が住んでいたとか・・・
長く寒い冬の時期にはどうやってすごしたのでしょう??

DSCN4131.jpg

では、ご覧いただきましょう!


「瀬」の表情、8連発。


DSCN4176.jpg
DSCN4190.jpg
DSCN4187.jpg
DSCN4185.jpg
DSCN4183.jpg
DSCN4182.jpg
DSCN4199.jpg
DSCN4192.jpg



紅葉やカエデが多いので、秋の風情も素晴らしいのでしょうね。


DSCN4174.jpg
DSCN4184.jpg

渓谷の殆ど最後、十和田湖に近いあたりにあった滝、
「銚子の滝」

この滝が垂直に切り立った場所にあるため、
魚がこれ以上川を登れず、十和田湖には魚が住んでいなかったとか。


DSCN4206.jpg

世界には、とんでもない規模の瀑布がたくさんありますが、
この滝は、これでなかなかでございました。
水量が豊富なのでそれなりの迫力です
DSCN4201.jpg

期待をはるかに上回る感動でございました。

夫に感謝!

嬉しいお呼ばれランチ

07/19
あぁ~~~、幸せ~~~

例年なら時間差で咲いてくれる我が家のバラ達が一斉に開花し、
慌てているあいだにバラの時期が終わり・・・
紫陽花は、今年は色がはっきりせず、なんだかなあ~と
思っていると、もう7月。

月日が経つのが早すぎて、季節を楽しむことに
私のペースが追いつかず、せっかくのバラも紫陽花も
今ひとつ楽しむ余裕のなかった哀れな私に嬉しいランチの
お誘いが~~。
と言いましても7月3日の出来事で、アップがかなり
遅くなってしまいました
なんだか私の時計だけいやに早く進んいるような気がするのは何故??
気のせい???

出来事を時間差でブログにアップすることの利点は
楽しかったことを再度、写真を見ながら思い出せるという
ことでしょうか。

自分では殆ど取り入れることのない、「ピンク」というお色。
甘くなりすぎず、爽やかなセッティング。
数々並んだ美味しそうなお料理に写真を撮りながらも
気はそぞろです。

DSCN4121.jpg


銘々皿にある料理は、メロンの生ハム巻、
アボカドとサーモンのワサビマヨネーズ和え
ふわふわ衣のエビの天ぷら
大皿のお料理は、ひき肉とお豆腐を豆鼓醤で
和えたあんの餃子の天ぷら
鯛のお寿司、牛肉とコボウ他のお野菜の甘辛炒め
自家製お漬物
DSCN4124.jpg
DSCN4125.jpg

なんとスッキリ片付いたキッチン!
住み始めて17、8年だとか。
まだ新築にしか見えません!
カウンターには、デザートとドリンク、そして、一番
左のお花は、我が家のお庭からのお土産です
DSCN4118.jpg


まるでショールーム!
どうやったらここまで生活館を消せるものか???
我が家に帰ったら、早速断捨離を!と思って帰って来たのよね~~~
でも、今ふと我が家のキッチンを見ると・・・
この写真を見たからには、また気合が入りました!
もう少し、どうにかしようと思います!
DSCN4113.jpg

お庭もすっきり!
「雑草」ってこのエリアには生息していないのかしら??
DSCN4111.jpg


可愛らしいBBQコーナー
右に見える、鍬とかスコップが実際に必要なようなお庭では
ないからこれってディスプレイ??
おしゃれ過ぎます~~
DSCN4110.jpg

お料理も美味しく、素敵な空間で楽しいお喋りに花が咲き、
時が経つのも忘れ、大いに楽しませていただきました。
感謝!

バラもそろそろですよ~~

04/27
バラが咲きそうですよ~~~

おっと、この子はバラのようなチューリップのアンジェリケ
去年の秋に新しい球根を植えた結果です。
植えっぱなしでも翌年に花を咲かせてくれるのですが、
小ぶりで色も白くなるのです。白もうつくしいのですが、
やはりこのなんとも言えないピンクが可愛い(*´`)
DSCN3867.jpg

こちらは、正真正銘薔薇です。
ルイーズ・オディエ。
例年早く咲く方ではありますが、今年はひときわ早い!
と言っても、先週からの寒さで蕾が中々開きません。
まるでピンクのげんこつのよう。
冬のバラは、こんなつぼみの状態のまま、開花せずに終わってしまう
ことごよくありますが・・・
本当にこの状態で1週間以上経ってます。
いつお顔をみせてくれるのかしら?
DSCN3866.jpg

つるバラのカジノ。
この子は、昨日開花しました。(写真撮り損ねてます
DSCN3865.jpg

愛らしく、ちっちゃいのに完璧なスタイルで
香しい香りを放つすずらん。
でも年々、お花の数が少なくなってきてます
今年は株分けをしないといけませんね~~。
20134020-1.jpg

雨のお休みの過ごし方

04/26
4月20日、雨  寒いです{{ (>_<) }}

せっかくの春のお休みの日なのに・・・
でも私は、happy!

ハープの美しい音色と、美味しいスイーツと楽しいおしゃべりで
癒しの一日となりました

DSCN3872.jpg

いちごのシュークリームは、お友達の手作りきゃっほ~~

DSCN3869.jpg

寒くったって、テーブルには春のお花
DSCN3868.jpg

そしてウナちゃんがお膝に乗っかってくれれば・・・
暖か~~い。
この娘、本当に人懐っこくて、愛さずにはいられません
DSCN3873.jpg

外の寒さもへっちゃらな、麗しい午後でございました。

お庭から食卓へ

04/25
美味しそう~~~

毎度更新が後手です

4月13日に撮った写真です。
アスパラが今年も立派にニョキニョキと~~~
ピンボケですが、自分おお庭で収穫できたものは
美味しさひとしおです。
DSCN3859.jpg

ミョウガも出てきてます。
本当に今年はどれもこれも早いです。
DSCN3860.jpg

これもなんだかアスパラの親分みたいで美味しそうに
見えますが、これはカサブランカです。
カサブランカは6月~7月にかけて咲くのに
今年は早くもご立派に出てきています。

DSCN3862.jpg

フワフワと砂糖菓子のようなチューリップ、アンジェリケ。
これも美味しそう~~。
食べれるもの食べれないもの含めて、我が家のお庭は
美味しそうなものでい~~っぱい!
アンジェリケ20130413-1
フリーエリア
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
お客様
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。